本文へスキップ

有限会社ポスメデックスは子宮頸がん、肛門がん、中咽頭がん、陰茎がん、膣がん、外陰がん、HPV検査、HPV検査キットの販売、推奨によりがん撲滅を目指します。

464-0007
愛知県名古屋市千種区竹越1丁目13番10号

子宮頸がん

  • クラウドファンディングにて応援して下さる方を募っています。
    詳しくはこちら。https://readyfor.jp/projects/hpv3000

  • 自宅で、自分で、簡単に!後はポストに入れるだけ。結果はスマホで確認。
    面倒くさい、恥ずかしい、不安を全て解消。
  • 男性もHPV検査を。男性がHPV検査を行うことで女性の子宮頸がんによる死亡率も軽減します。
  • 日本では子宮頸がんで命を落とす人が1日に7人以上もおり、年々増加しています。
  • 20代、30代の罹患者が増えてきているのに対し、20代検診率は22.2%しかありません。

新着情報子宮頸がんは減らせる

子宮頸がんはがんの中で唯一、原因がはっきりとしており予防が可能なのです。正しい知識と対策を行えば、世界中から子宮頸がんによる死亡を激減させることができるのです。
誰にでも起こりうるHPVへの感染。その後、持続感染を経て、子宮頸がんへと進行が進むまでには、5年から10年ほどの時間があります。重要なのは、早期の段階で進行を食い止める事。より簡単になった検査システムで年に1回のHPV検査をしましょう。

男性もHPV検査を

HPVは女性だけが関係しているウイルスではありません。子宮頸がんの原因となる99%、膣がんの50%、外陰がんの50%はHPVによるもので女性だけにおこる病気ですが、HPVは男性にも感染します。このHPVが原因の病気は、他にも肛門がんの90%、中咽頭がんの60%、陰茎がんの50%はHPVが関与しており、男性でも発症します。また、HPVに男性が感染した後、HPVに感染していない相手との性交渉でHPVが女性に感染します。つまり気づかないうちにパートナーに感染させてしまう可能性があるのです。子宮頸がん自体は女性だけのものですが、原因は男性にもあることを知らなければなりません。

男性も女性も、10代も50代も、家族も友人も。

少しでもたくさんの方が検査を行えば、多くの方ががんになる前に治療を行えるようになります。こんなに簡単に検査ができるのだということを是非周囲の方々にもお知らせください。

ワクチン

子宮頸がんの原因となるHPVは、感染症を予防するワクチンも存在しています。
「性交を経験する前に…」という事から、10歳以上から接種することが可能です。もちろん、性交を経験した後でも受けることができます。
副作用について問題視する声も少なくはありませんが、他のワクチンにも副作用(痛み、腫れ、発疹、発熱、食欲不振、倦怠感、失神 など)のリスクは存在しています。心配がある場合は、医師へ相談して納得のいく判断を行ってください。
また、「ワクチンを受ければ、絶対に子宮頸がんにはならない!」とは限りません。接種後も定期的に検査を行いましょう。

バナースペース


外部リンク


有限会社ポスメデックス

名古屋中央営業所
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2-2-15 
東照ビル803号

TEL 052-218-7225
FAX 052-218-7332

スマートフォン版